masaya5923.com

LCCがなぜ値段が安いのか実感できる!成田から福岡へエアアジアに乗ってきた!!

      2015/02/28

IMGP1104

どうも、国内外問わずいろんなところへ旅行したい@masaya5923です。

日本でもLCCが普及しつつある今日この頃ですが、乗ってみないとわからないことってたくさんあります。

東京近郊から福岡に行けるLCC(格安航空会社)情報をまとめてみた
東京近辺から沖縄にいけるLCC(格安航空会社)情報をまとめてみた

2つの記事を書きましたが、今回は実際にエアアジアに乗ってきたのでレポートします。

SPONSORED LINK

エアアジアは乗るまでにカルチャーショックを受ける

IMG 1535

まず自分で航空券を印刷しなくてはなりません。ウェブチェックインした場合は、メールに添付される搭乗券を印刷して持っていきます。

こんな紙で大丈夫なのか?と思う方もしれませんが、東南アジアに行ったときに現地で飛行機とるとこういう紙に印刷されたもので乗ることができるので、世界的に見たらこちらの方がスタンダードなのかもしれません。

IMG 1528

万が一印刷し忘れたらカウンターで発券してくれるみたいですが、1名につき¥1000かかりますよと。安さの秘密ですね。

IMG 1529

ということで出発口へ。ここまではまあなんとか大手とそんなに変わらないのですが、ここから先がカルチャーショックを受けます。

IMG 1530

待合室はこんな感じ。屋根はあるけど吹きさらしです。当然エアコンもありませんし、搭乗者全員が座れるような椅子も用意されていません。

IMG 1532

搭乗口は1枚1枚手でちぎっています。

先ほどの写真にもあるように、何か表示するときは紙で、手続きするときはスタッフが手作業で行っています。

IMG 1533

飛行機があるところまでバスで行き、そして搭乗します。

IMG 1522

中はいたって普通です。合皮(?)のシートです。

IMG 1520

ただ、シートとシートの間が狭いのとリクライニングを倒してないときは垂直くらいな勢いなのでちょっと疲れます。

IMG 1524

乗ってしまえばどうってことないです。機内ラジオはないので上空に上がってシートベルト着用サインが消えたときにiPod touchで音楽を聴きました。

もちろん機内モードにしておき、上空で電源をいれます。

さいごに

こうして振り返ってみると空港を利用するのに結構お金がかかっていると実感できます。

当たり前のように思っていた、電光掲示板や自動チェックイン機、ほぼ全員分用意されている待合室の椅子、機内ラジオとイヤホン等々、それらにも私たちが払っている航空代金が含まれているのです。

目的が安く移動することがメインであればLCCを利用するのがいいですし、快適に移動したいのであれば大手の航空会社を利用すればいいことです。

実際に乗ってみると発見があって面白いです。

※今回の記事は成田空港でエアアジアを利用した内容をレポートしましたので、他の空港やLCCではまた違った内容になってくると思います。

 - log, Top, Travel