masaya5923.com

小笠原諸島に行くための唯一の交通手段!おがさわら丸の船内レポート

   

IMG 6433

小笠原諸島へ行くには唯一の交通手段がおがさわら丸です。

小笠原には空港がないので、船で行くしかありません。約25時間の長時間の旅になりますが、それもまたいいものです。

小笠原旅行の持ち物についてはこちら↓
小笠原諸島の父島に行ったときの持ち物リスト | masaya5923.com

SPONSORED LINK


おがさわら丸の船内

IMG 6426

2等船室ですと、このようにマットレスや枕などがあります。窓がないので、閉塞感があります。おまけに、マットレスのところが自分のスペースなので、すぐ隣に他の方がいます。

パーソナルスペースの狭さは2等船室ですと仕方ないですね。

IMG 6428

船内に入場するときに、割当された紙を渡されます。

Cデッキ、Dデッキ、Eデッキが2等船室です。Aデッキは船の一番上の階で、それを1階だと考えると、Cデッキが地下2階、Dデッキが地下3階、Eデッキ地下4階と捉えるとイメージしやすいです。

IMG 6437

デッキにでて、外を眺めます。レインボーブリッジなどを見ながら旅できるのはいいですね。

IMG 6440

東京湾内をどんどん進みます。工業地帯を横目に。

IMG 6448

こちらは房総半島。

IMG 6452

船内にはレストランもあります。船が揺れても動かないように椅子等はがっちり固定されています。

IMG 6453

東京湾を抜けて外洋にでると結構揺れてきました。レストランから外を眺めながら、食事をいただくこともできます。

IMG 6450

カレーの臭いに誘われて、カツカレーをいただきます。

IMG 6456

おがまるパックで旅する方はクーポン券をレストランで使うことができます。

IMG 6457

カツカレーを食べたあとは、ちょっと船酔い気味になったので、寝たりデッキにでたりします。

波が高くなるとデッキに出るためのドアが閉鎖されます。それでも船の後ろは、開放されているので、冷たい風に当たりたかったり、外の景色を楽しみたかったりしたい人は出られます。

IMG 6459

船内のロビーのようなところに、椅子などがあるのですが、すぐ埋まってしまいます。

IMG 6461

こちらは、外を見られるので私のお気に入りの場所でした。

IMG 6460

セキュリティボックスもあるので、貴重品を入れられます。

さいごに

他にも、シャワー室があったり、スナックデッキがあって軽食やアルコールが楽しめたり、ビデオライブラリーがあったりするので、いろいろ楽しめるところもあります。

なお、2016年の7月に新しい「おがさわら丸」が就航予定です。ですので、上記の内容は新しいものが就航するまでのものとして参考になさってください。

小笠原旅行の持ち物についてはこちら↓
小笠原諸島の父島に行ったときの持ち物リスト | masaya5923.com

 - Travel