masaya5923.com

23時までに寝ると自然と4時くらいに目が覚める

   

Sunrise on the Floodplains, Wimborne, Dorset
Sunrise on the Floodplains, Wimborne, Dorset / JackPeasePhotography

今まで早起きに苦戦していた身としてはすごくありがたいこと。

問題は、23時までに寝るのがなかなか継続してできないことである。

仕事で帰るのが遅くなると必然的に夕食も遅くなる。そして家事も諸々あり、風呂に入っているとあっという間に23時をこえて24時近くになる。

その時間帯に寝ると、早起きがかなり難しくなる。

だから、この23時という境目はかなり重要だ。

SPONSORED LINK


朝の時間になにをするか

最近、ほぼ日手帳に書いている日記は、朝書くようになった。夜だと夕食があったり家事があったりするし、そのあとはのんびりしたいから。

前の日のことを振り返って日記を書いているわけだが、これが意外と時間がかかる。

なんとなくじっくり考えたくなるからだろう。

忙しくてもそうでなくても、日記を書いていきたいので、こうして朝の時間を確保するのが必要である。

早起きできると日記を書くこともできるし、考え事もできるし、最近復活したブログも書ける。

特に夜遅くにブログを書いていると頭の中を絞り出すような感じで書いているような気になるので、きっとそれでは続かない。

朝の方が頭はスッキリしているので、書きやすい。

家族や友人と過ごす時間も楽しいだが、こうして自分一人の時間をもつのも楽しい。

自分自身を落ち着いて振り返ることができるし、磨くことができるから。

しばらくは、23時前に寝ることを目標にがんばってみよう。

 - 朝活ログ