masaya5923.com

ドラマ「世界一即戦力な男」でハイパーグラビアクリエイター役の篠崎愛が「流されないと遠くに行けない」というので気になった

      2015/02/28

Sokusenryoku

一時期、ウェブをにぎわしていたこの男のドラマがいつのまにかつくられていました。

世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ

タイトルの通りです。いろいろつっこみどころはありますがなんとなくこのドラマを見てたらぐっときたので、それについて書いてみます。

SPONSORED LINK

ぐっときたところ

見てもらえればわかると思います。06:38からのくだり。

「流れができた。」

「流れに乗ったから認められた。」

「流されないと遠くに行けない。」

なんだろうね。

意固地になって貫き通すという生き方もあるだろうけど、こういう食らいついていくスタイルも共感できてしまいます。

流される勇気と言うか、流されるタイミングを見極めているというか、それくらいの度胸と観察眼がないとだめなのかなと思ったり、または「そんなの全くいらん!」っていうふうに思ったりです。

はっきりしていることは自分がわかっている世界なんて小さいものです。

その小さい世界を大きくするためになにを使うかです。

ウェブでも書籍でも世界は広くなるでしょうけど、人との出会いによってより大きくなることもあります。

その人との出会いが、流れなのかなとも思ったりします。

行ってみたいけどまだ見ぬ世界へ流してくれる人や出来事を意識してみたいと、そう心の中をブレさせてくれました。

 - log