masaya5923.com

塩っ気とコシのある”武蔵野うどん”を所沢の涼太郎で喰らう!

      2015/02/28

飲んだ次の日は、うどんが食べたくなります。

近くにある丸亀製麺に行ってもよかったのですが、たまには違うところにも行きたいなと思い探してみました。

東京都の多摩地域とか埼玉県の西部には「武蔵野うどん」という昔から伝わるうどんがあるので、興味があって食べてきました。

SPONSORED LINK

涼太郎は武蔵野うどんの有名店らしい

所沢駅の東口を出て、郵便局のあるところを左に曲がるとあります。

こんなにアピールされちゃうと、否が応でも期待しちゃいます。


麺の量は細かく調整できます。

1玉70gで、Lは3玉。ちなみに大人の一人前が3Lみたいです。

ということで、麺の量4Lで、海苔と天ぷらのミックスを注文!

海苔の香りがよく、天ぷらサクサク、うどんには珍しく麺は塩っ気があり、歯ごたえがあります。

さいごに

うどんにもいろんな世界がありますね。

“麺は、一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。加水率は低く塩分は高めである。コシがかなり強く、食感は力強い物でゴツゴツしている(つるりとはしていない)。”

武蔵野うどん – Wikipedia

関連ランキング:うどん | 所沢駅

 - log