masaya5923.com

クラシックのお祭り!ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2012に行けばクラシックのイメージが変わる!!

      2015/02/28

IMG 3402
最近、朝の通勤に聴く音楽はクラシックな@masaya5923です。

クラシックってなんか敷居が高い感じがしますよね。

そんなイメージを変えてくれるクラシックのお祭りがゴールデンウィークに行われます!

SPONSORED LINK

クラシックは敷居が高いなんて大間違い!

IMG 0941
まず最初に、クラシックのイメージを変えていただければと思います。

インテリで高貴で坊ちゃんやお嬢様が聴いたり演奏したりするイメージ?そして、聴いてて飽きたり、眠くなったりする。

否!

そんなことは全くありません!

演奏家も作曲家も聴く人も変態だったり下品だったり、どの世界にもそんな人はいるものです。

当時の作曲家もその時代にしかなかった楽器を使って曲を作っているわけです。

もし昔の作曲家が今の時代にタイムスリップしてきて、曲を作ったとしたら同じようにヴァイオリンやチェロなどオーケストラの楽器を使うとは限りません。

もしかしたら、ギターやベース、電子楽器などを使うかもしれません。

そう考えて聴いてみるとなんだか親近感がわいてきませんか!?

そう、まだわかない?

でしたらこのイベントに行ってみましょう!

クラシックのお祭り!ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2012

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」2012公式サイト

0歳児からクラシックファンまで、自由なスタイルで誰でも楽しめるクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、2012年も東京・丸の内にやって来ます。

”誰でも楽しめる”というコンセプトで5月3日(木)から5月5日(土)まで有楽町の東京国際フォーラムを中心に、丸の内エリアで開催されています!

今年はロシアの作曲家がテーマです。


ジョージアのカズが出ているCM。これに使われている曲はラフマニノフっていう作曲家が作ったものです。

ぼくもこの曲をバックに語ってろくろでも回したいものです。


昨年ヒットした映画「ブラックスワン」の曲、ご存知な方も多いかと。チャイコフスキーの「白鳥の湖」です。

身近にロシアの音楽って結構あるんですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=uAm7eH1MCiE
ちなみにこれは、ぼくのテンションをがち上げてくれる曲。

ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポンの魅力

IMG 3371
なんといっても無料でも十分楽しめるところです!(上の写真は屋外でアコーディオンユニットが盛り上げてくれた。たしかクラシックをタンゴ風に)

IMG 3352
東京国際フォーラムを始めとして丸の内エリアの至る所でいろんな形で演奏が楽しめます。ふらっとよって聴くことも可能です。(上の写真は丸ビルで撮ったもの)

IMG 3340
国際フォーラムのメイン会場でも演奏を聴くことができます。クラシックの曲をいろんなアレンジを加えて演奏することもあります。(ショパンをJAZZ風にアレンジ。これらの演奏全て無料!)

敷居が高いなんてイメージを確実に変えてくれます。

興味がわいたら有料公演に行ってみるのもいいですよ!

「さぞやお高いんでしょう!」

なんて思うかもしれませんが、そんなことはありません。

実は昨日、前夜祭に行ってきました。オーケストラやピアノの連弾、コンチェルトといいとこ取り満載でなんと¥2000でした!

これは破格のお値段です!!

普通にクラシックのコンサート行こうものなら、これの4〜5倍はかかりますからね!

さいごに

この記事を読んでみて何となくイメージが変わったでしょうか?このゴールデンウィークもしまだ予定がない方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

ちょっと足を運ぶだけで誰でも楽しめます!

 - log