masaya5923.com

カピバラまーくんの選んだ何度観ても飽きない映画5本 #5movie

      2012/01/07

楽しそうなのでRyoAnnaさんの企画に参加させていただきます。
あなたの2時間を私に下さい #5movie – #RyoAnnaBlog

とはいっても普段あまり映画を観ない人間なので数少ないもののなから選びます。

SPONSORED LINK


 

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)


今まで観た中で一番好きな映画は?ときかれたらこれを答えます。子供を縛りつけようとする教師や大人たちに対して、中学生がぶつかり合いながらも結束し、闘っていく作品。主人公の中学生たちはいろんな性格や特徴をもってるんだけど、そのいいところを生かして一つのことをなしとげようとしていて痛快です。自然に中学生たちを応援したくなります。

 

インデペンデンス・デイ [DVD]


大統領の演説はいつ聞いても鳥肌がたつし、すごくテンションあがります!最後の酒浸りだった飛行機乗りのラッセルが最後特攻するシーンもなんか胸をうたれました。死んでもいいと思うこと、それにかけることってその人にしかわからないし、たぶん周りからは理解されづらいけど、そういう生き方っていいなと思います。

 

夜のピクニック [DVD]


青春映画!ひたすら歩くだけの行事なんだけど、いろんな想いや賭けなんかがあったりして、胸がきゅんとなります(^ω^)もとは恩田陸の小説『夜のピクニック (新潮文庫)
なんだけど、それが凄く好きになって観たのがきっかけ。なんか器用じゃない、でもそこには甘酸っぱさがたくさんつまってます。胸がきゅんとなりたい方にオススメ!

 

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に [DVD]

http://www.youtube.com/watch?v=FWD6C-Xc8Sg&feature=related
旧劇場版のエヴァンゲリオン。アニメとは別の最終話。当時、中学生だったぼくは楽しみで楽しみで待ちに待った作品。映画館に観に行ったのだが、この映画の後半、全く理解できずに終わってしまいました。今は、いろいろエヴァの解説など読み、やっと少し理解できるようになった程度。伏線や背景を知っておかないと到底理解できないカオスな作品です。だから何回も観なきゃわからない。

 

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]


ヒトラー側の視点で描かれた作品。今、みんなが知っている歴史というのはたいてい、戦勝国側からの視点ですから第二次大戦をこうした違った視点からみるのも面白いとおもいます。サントラなどの装飾はないのですが、ストーリーが重厚で引き込まれていきました。同じような作品で第二次大戦後の東京裁判、東条英機の視点で描いた『プライド 運命の瞬間【DVD】
』もあります。どちらか迷ったのですがヒトラーを選びました。

 

こうして並べてみるとなんか、偏ってるような気がします。人間的に…。でもこうして浮かぶくらいですからやっぱり、好きなものに反応したり、ぐっときたりしているのかなと思います。みなさんの#5movieを見ていると知らないものが多いので興味のあるものがあったらこの機会に観てみようかなと思います。

 - log