masaya5923.com

自分の人生に責任をもちやりたいことを見つめ直す!第5回No Second Lifeセミナーに参加

      2015/02/28

IMG 1021
みなさんはノマドワーカーやフリーと聞いてなにをイメージしますか?

会社や場所にとらわれずに生きていっている人たち。かっこいいイメージがあります。しかし、それは表面的なところしか捉えていません。

もっと根底にあるものを掘り下げた上でノマドワーカーやフリーになることが必要です。それを気づかせてくれたのが第5回No Second Lifeセミナーです。
出版記念! 5月27日に 第5回No Second Lifeセミナー開催します!テーマは 「ノマドワーカーという生き方」! | No Second Life

SPONSORED LINK

自分の人生に責任を取る

自分の今の生活に満足している?

と聞かれたら

満足していない!

と答える方は多くいます。だからこうしてセミナーに来て、何かしら得ていこうとする訳です。

しかし、その生活を選択したのは何を隠そう自分自身なのです。内部的要因、外部的要因などあって少し不満のある生活をしているのですが、全て自分自身の選択に気づくことが必要です。

自分自身が選択したことに満足していないと気づいた!

さあどうするか?

軌道を修正し、夢を実現するしかありません。

jMatsuzaki(@jmatsuzaki)さんが講演した「夢見るリアリスト」がもつ4つの習性とOne more thingにドキッとしてしまったのは隠せません。

完全に「夢見るリアリスト病」にかかってしまいました。

この病を治すたった一つの方法は、「夢を叶える」ことです。


「夢見るリアリスト」がもつ4つの習性

1 夢に触れる時間を増やす

2 重要なことから始める

3 文章化する

4 夢の実行計画をたてる

One more thing 行動に移す

フリーになったからこそ語れること

IMG 1019
自分がフリーになったときのことを想像できるでしょうか?

ぼくは不安なことをたくさん考えてしまいます。収入は確保できるのか、堕落したライフスタイルになってしまわないか、など自分の過去を考えると到底できないように思ってしまいます。

今回、北(@beck1240)さんがファシリテーターとなり、立花(@ttachi)さん、またよしれい(@sayobs)さん、瀬戸(@applewalker)さんにフリーやノマドワーカーになった経緯、その魅力と苦労、今後の展望や夢などを語っていただきました。

そして、それをさをん(@sawonya)さんがマインドマップにリアルタイムでまとめてくれました。

3人が話を聞いて感じたことは、フリーになる人は特別な人ではないということです。

しかし、行動力の凄さを感じられずにはいられませんでした。サラリーマンをしながらブログで突き抜けたり、アプリを開発したり、入院生活をしながらもそこでできることを考え実現したりと。

それぞれ3人の環境は特別なものではなかったのです。むしろ、少し不利な状況なときもあったほどです。

ということは、適切な行動さえすれば皆、フリーやノマドワーカーになりたければ実現できるということです。

もし会社が倒産したらなにをする?

具体的に答えを出すのは準備が必要です。日頃から考えていないと出てきません。

ぼくは普段、やりたいことを書き出しているのですが、まだまだ具体性に欠けます。

・自分はどこで?

・何を?

・誰に届けて?

・どれくらい収入を得て?

などと聞かれると「むむっ」とつまってしまいます。

意見交換すると、具体的であったり、多彩な考えをされていました。実現させるには他人に語れるようなレベルに押し上げなければいけないと感じずにはいられません。

さいごに

このセミナーで重要なのは自分の人生でやりたいことができているかということです。

ただ、フリーやノマドワーカーを推奨しているのではなく、自分が生きたい人生にするためには一つの手段でしかないということです。

ですから、考えるべきものは自分の人生の展望が第一であり、そのための手段をどうするか考えなければなりません。

そのための計画と行動を今からしていきます。

出版おめでとうございます!これほど待ちに待った書籍はありません。わくわくしながら読ませていただきます。これからも夢をどんどん実現されていくことと思います。たちさんに続いてぼくも実現できるようにします!

オススメ記事
ブログを書き続けるための心得!No Second Lifeセミナー「ゼロから始めるBlog&Twitter&Facebookパーソナル・メディア塾」に参加
第一回アシタノワークショップ無事開催しました! #ashitanoWS
夢や心を育てるほぼ日手帳の使い方
Googleカレンダーで自分のしたいことができる時間を見える化する!

 - lifehack, log, イベント