masaya5923.com

デジタルとアナログを併用!ほぼ日手帳に書き残している7つのこととその背景

      2015/02/28

IMG 2009

ほぼ日手帳をよく使っています。ですが、それだけを使っているわけではありません。

GoogleカレンダーやEvernoteなどデジタルツールも使っています。

デジタルをアナログを併用しています。どちらが優れているというわけではなく、役割に合わせて使っていけば自分の心強いパートナーになってくれます。

今回はその使い分けを紹介します。

SPONSORED LINK

デジタルツールでやっていること

ぼくがデジタルツールで特に使っているのは、


・Googleカレンダー
・Toodledo
・Evernote

です。

Googleカレンダーはスケジュール管理、Toodledoでタスク管理、EvernoteでWebクリップやブレスト、ブログの下書きなどを行っています。

ToodledoをGoogleカレンダーに連携させることで得られる5つのメリット | masaya5923.com

そんなことをやっているなら、わざわざほぼ日手帳に書くことなんてあるのか?

と思ってしまいそうですが、それがあるんです。

ほぼ日手帳に書いていること7つ

これまでこのブログで、ほぼ日手帳について書いています。テンプレートなどはよく書いているので、前の記事をご覧頂きたいと思います。

今回は、その背景について打ち明けてしまいます。

年初めの決意は書き残す!一年を充実させるためにほぼ日手帳に書いておきたい5つのこと | masaya5923.com

ほぼ日手帳術 | masaya5923.com

1 感謝したこと

Hobonichi template

”今日の感謝”を書いています。

感謝したことを、思い出し、書き記すことによって、「自分は恵まれているな」と感じることができます。

当たり前のことでも、ありがたいと思うようになりますし、幸せの感度が低い方が幸せな日々を送ることができます。

2 やりたい!と思ったこと

「やりたい!」と思ったことは、日々の生活のなかにたくさんあります。

しかし、その思いはすぐに忘れてしまうものです。そして、同じような情報に出会ったとき、再び「やりたい!」と思うわけです。

それと同時に、「あのときやりたいと思ったのにやってなかった。今度こそやろう!」と思うわけですが、それでも結局やらなかったりします。

なので、「やりたい!」と思ったことは書き残し、どういう手順をを踏めば実現できるかタスク管理していきます。

3 悔しい!と思ったこと

「悔しい!」と思ったことも同じです。

「もう二度とこんな思いはしない!」と心に誓ったにも関わらず、また同じようなことをしてしまったときに「あのときもうこんな思いはしない!と思ったのに」と嘆いてしますのです。

「悔しい!」と思ったら、それを書き残し、どういう状態になれば悔しい思いをしないで済むか書いていきます。

4 やっていることを進行形で書く

やっていることを進行形で書くのは、「やりたいこと!」や「克服していること」が前にするんでいることを実感するためです。

進行形にすることで、書くことに対して飽きにくくなります。

5 今日必ずやるタスク

Toodledoという高機能なタスク管理のデジタルツールを使っているのですが、一回一回、アプリやブラウザを起動させるのは面倒です。

今日必ずやる分なら、そんなに量が多くないと思います。

書くことによって、「やらなければならない!」と意識付けることができます。

ほぼ日手帳はどのページでも開きっぱなしになってくれるので、どのデジタルツールよりも閲覧が断然速いです。

6 一週間の成果

一週間を振り返ってみて、できるようになったことや進んだことなどを書いてみます。

ちょっとした成長や達成感を感じることができます。

この積み重ねが一年後には大きなものとなりますし、その成長過程を後で振り返るのもいいものです。

7 自制する言葉

自分の行動で行き過ぎるとよくないものもあります。

例えば、お金の使い過ぎ。

家計簿を見返して、交際費が今月の目安をオーバーしてると使い過ぎてるなと感じます。しかし、それを忘れて、飲みに行ってしまうこともしばしばあります。

ほぼ日手帳に書き残しておくことで、思い返しやすくなり、その行動にストップがかかることもあります。

さいごに

Hobonichi weekly check

一週間に一度、振り返りをしています。そのときのページです。

やりたいことは、実践できているものもありますし、お金の使い過ぎに気をつけたいので家計簿を振り返って自制しています。

このように、感情にフォーカスした内容をほぼ日手帳に書いています。

感情的なことは、パソコンやスマートフォンなどでは入力しづらいです。

ペンを持って書く方が感情をすらすら書き表せます。

心の中にあるものを出すのはほぼ日手帳などのアナログツールで、それを実現するめのものはデジタルツールの力も借りてやっていくとうまくいことでしょう。

 - Top, ほぼ日手帳, ほぼ日手帳オリジナル