masaya5923.com

『深夜特急』沢木耕太郎 は旅のにおいを感じさせるような小説

   

SPONSORED LINK

「深夜特急」を読み始めました。

旅好きにはオススメというかバイブル的な小説です。

読むと必ず旅に出たくなります。

それも長い旅に。だから、仕事を辞めたくなります。家族に、探さないでください、と言いたくなります。

SPONSORED LINK

「深夜特急」は旅のにおいを感じさせる小説

昔の恋人がつけてた香水と同じにおいをふと嗅いだときに一瞬にしてそのときの記憶がよみがえります。

それと同じように、「深夜特急」を読むと旅の記憶を一瞬にして呼び覚ましてくれます。

海外に行くと景色や食べ物に驚くこともありますが、それ以上に印象強いのがにおいです。

日本にはない独特の、それでいて生活感漂うにおいは、旅を重ねるごとに慣れていきますよね。

「深夜特急」の描写は、そのにおいを感じさせます。ツアーとかで行かないようなところを開拓したいという主人公のメンタリティーも共感できて旅に出たくなります。

まだ、2までしか読んでないんですけど、旅好きには共感できることがたくさんですし、描写も的確で楽しめます。

 - Books