masaya5923.com

自分でブログとかのロゴを作りたい!ArtText2を使えば絵心なくてもいい感じのロゴが作れちゃう!

      2015/02/28

Admin ArtText2

絵を上手く描ける人を尊敬します。どうも@masaya5923です。

ぼくには絵心がありません。なにを描いてもヘンテコな絵になってしまいます…。

ですが、前にロゴが欲しいなと思うことがありました。でも、絵を描くことはできません。

でもテンプレートが豊富にあればなんとかなるものです。

絵心がないぼくでも、そこそこいい感じなロゴを作ることができた偉大なるMacアプリを紹介します。

SPONSORED LINK

ArtText2はテンプレートが豊富過ぎていい!

ロゴを作るときになにかアプリはないかと思い見つけたのがこちらです。

Art Text 2 2.4.1(¥1,700)App
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 仕事効率化
販売元: Belight Software, ltd – Belight Software, ltd(サイズ: 56.2 MB)
全てのバージョンの評価: (40件の評価)

まず、驚くのが豊富なテンプレートの数々です。
Arttext1

Arttext2

これだけあれば編集してなんとかいい感じのものが作れそうです。

ですから絵心は必要ありません。組み合わせだけでセンスよく作ればそれで充分です。

ArtText2の使い方

Arttext3
今回は、前に作ったFacebookページ用のアイコンを使って解説します。

先ほどのテンプレートからも選ぶことができますし、このようにTwitterアイコンやフリーのアイコンを挿入することもできます。

Arttext3 1

サイズ指定から作成するアイコンなどの大きさを指定することができます。

Arttext3 2

画像やテキストの挿入を+、ーで。四角内を並び替えることで前面、後面を設定することができます。

Arttext4

背景部分を指定して、色を変えることができます。

Arttext5

テクスチャ(質感)も豊富で、選ぶだけなので簡単です。

Arttext6

迷って選べないくらい豊富。

Arttext7

文字を指定してテクスチャを選択することもできます。選ぶテクスチャによって印象が全く変わってきます。

Arttext8

画像パーツのサイズ変更も簡単に。

Arttext9

不透明度を調節することでシルエットにすることもできます。

Arttext10

もちろんテクスチャを選択することも。

Arttext11

保存の仕方は2種類です。

「保存」を選べばTextArt形式で保存されます。

「書き出す」を選べば様々なフォーマットを選んで保存することができます。

Arttext12

このようになります。

さいごに

この豊富なテンプレートとテクスチャを駆使すれば、オリジナリティ溢れるアイコンを作ることができます。

ぼくの場合は、さをんさん(@sawonya)が描いてくれたTwitterアイコンからカピバラを切り取り、フリーのFacebookアイコンやRSSアイコンを組み合わせました。

また、フォントはフリーで提供されているものがあるのでそれをダウンロードし、テキストとして使いました。

ですので、描くことは一切せず、持っているものやフリーのものを組み合わせることでオリジナルのアイコンを作ることができます。

とても大助かりなMacアプリですし、いろいろな機会に使えそうです。

下にいくとRSSとFacebookページのアイコンがあります。見本にどうぞ。

Art Text 2 2.4.1(¥1,700)App
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 仕事効率化
販売元: Belight Software, ltd – Belight Software, ltd(サイズ: 56.2 MB)
全てのバージョンの評価: (40件の評価)

 - Blog, Mac, Macアプリ, Top